鶴巻温泉駅南口広場が完成

18年前から進められていた鶴巻温泉駅南口周辺整備事業が完成し、2018年6月26日 南口広場の開通式が行われた。高橋秦野市長や市議会議員など関係者多数が参加し、テープカットをするなどして完成を祝った。駅前ロータリーの整備によって南口への車の乗り入れができるようになるとともに、駅の上下のホームにエスカレーターとエレベーターが整備された。広場には公衆トイレや秦野市の連絡事務所も設けられている。 地元の南口商店会では、歩道も整備された延命地蔵尊までを「延命坂」と名付けるとともに、広場の一角には可愛い地蔵を設置するなどして、一層のにぎわいを期待している。    鶴巻温泉南口まちづくり協議会の川上拓郎会長は、「協議会を発足させて18年、ようやく完成にこぎつけたと感慨無量です。鶴巻は、都内からアクセスが良く、田園風景が広がる住みやすいまち。延命地蔵をお参りして温泉でくつろいでいただけるような楽しみ方ができると思います。               県道の電線地中化などまだ工事は数年かかる見込みです。皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします」と話していた。

カテゴリー: その他 パーマリンク